国土を『はかる』、そして測量が未来をつくる。最先端技術へのチャレンジにより、地理空間情報社会をサポートします。

測量とは、道路や河川、橋梁、建物などのほか、その近辺の地表面にあるものについて、相互的な位置関係を決めるため、それらの形状、位置などを正確に測ることです。

土木建築事業を始めるにあたって、最初に行うのが測量です。測量が終わらなければ次の設計に進めないという意味では、測量は事業の土台と言えるでしょう。

そのため、品質の高い測量ができれば、後に続く計画・設計がスムーズに進みます。弊社では、高品質・高精度の測量を探求し、最新技術を導入した上で、納期短縮にも心掛け、ご信頼いただける成果品をお納めします。

業務内容

基準点測量

GNSS(衛星測位システム)やトータルステーションを用いて、測量の基準となる位置座標(X、Y、Z)を求めます。

水準測量

電子レベル用いて、水準点の標高、軟弱地盤の沈下や震災後の地殻変動を求めます。

地形(現地)測量

GNSSやトータルステーション及び電子平板(タブレットPC)を用いて、地形図を作成します。

路線測量

道路計画または河川計画等に伴い、中心点の位置そして地形の形状等を測定し、設計の基礎資料として縦断図・横断図を作成します。

河川測量

改修計画及び河川管理の基礎資料として、河川の縦横断測量を行い河床変動量の調査を行います。

用地測量

公共工事による用地取得のための一筆調査や境界測量、境界確認を行い、用地の面積計算や求積図を作成します。

工事測量

工事前に、基準点、KBM点の新設または既設点の検測を行います。また、測量結果についての報告書を作成します。

水文観測所保守点検

水文観測所の観測機器や施設の維持管理、並びに、観測データの収集・整理を行い、データベースシステムに登録します。

河川管理施設堤防点検

河川管理施設や堤防等において、治水機能に影響を及ぼす異常や変状を発見するための調査を行います。

台帳作成

道路、河川、橋梁、構造物、舗装、公園等の台帳作成や更新を、最新の測量CADシステムで行います。